香港にPHS持込禁止!罰金72万円及び禁錮2年の可能性

昨日、Yahooニュースにこんな記事が出ていましたが、香港では2016年5月10日よりPHSの使用どころか保持することが禁止され、これを破ると最大72万円及び禁錮2年の可能性があるようです。

なぜPHSの持ち込みが禁止かというと記事にも書いてありますが、PHSで利用している周波数帯を別の電波に利用するために禁止されたらしく、またPHSは特定の地域(日本とか)でしか利用されていないのが現実なようです。

香港では今年(2016年)5月10日から「PHS機器」が禁制品となることが決まっている。日本で使用している機器の持ち込みも含めた単純所持も違反となり、最大5万香港ドル(日本円換算:約72万円)という高額な罰金や収監の可能性もあるため、PHSユーザーが香港へ渡航する際には十分に気をつける必要となる。

香港のテレコミュニケーション条例(第106章)の規定は下記の通りとなっている。
 ・PHS機器違法輸入:最大罰金2万5000香港ドル(約36万円)及び禁錮12ヶ月
 ・PHS機器違法販売:最大罰金5万香港ドル(約72万円)及び禁錮2年
 ・猶予期間終了後のPHS機器違法所持または使用:最大罰金5万香港ドル及び禁錮2年

香港当局がPHSを禁制品に…単純所持もNG、最大72万円の罰金及び禁錮2年の可能性=5月10日から(マカオ新聞) – Yahoo!ニュース

香港を訪れる日本人旅客数は毎年およそ100万人に上り、アジア有数の人気デスティネー – Yahoo!ニュース(マカオ新聞)

headlines.yahoo.co.jp

禁錮って何?日本の法律ではこんな感じらしいです。(出典Wikipedia)

日本国の現行刑法では、禁錮(きんこ)とは、自由刑の一種であり、受刑者を刑事施設に拘置する刑罰である(刑法13条)。禁錮は無期と有期とに分類される。.

香港は、日本から数時間、LCCを利用すると最安8,840円(VANILLA)、土曜日の香港航空で14,070円~とかなりお安く土日だけで香港ディズニーランドへ行くこともできるため、日本人利用者は多いのではないでしょうか。くれぐれもPHSは持込まないよう注意しましょう


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。

ブログ

Posted by とる


TOP