台湾旅行にそこそこお安く週末だけで行ってきた!(気になる費用)

3月 6, 2017

IMG_20160617_081144.jpg

ことの発端や深夜の思いつきから始まります。

美味しい食べ物や九份に行ってみたくて前々から気になっていたのですがLCCの料金とか調べてたら思いの外安く行けることが分かったのでチケットを眠い目をこすりながらパスポートを引っ張り出してきて航空券を予約しちゃいました。

今回の旅行の概要

・航空券、宿泊先を事前に予約しあとは完全フリープラン

・旅程は1泊2日

・九份や台北101やら観光地+夜市で美味しいものを食べたい!

航空券

今回はツアーでの申し込みでは無いため航空券をまずは予約しました。 台湾に行く飛行機は色々と選べるのですが1泊2日を満喫するため  朝は早く夜はそれなりに遅いピーチエアビジョンをピーチのサイトから直接予約しました。

行き  05:55 東京(羽田)(MM1029)  08:25 台北(桃園)

料金

8,480(航空券)

+  600(座席指定)

+  100(羽田空港国際旅客保安サービス料)

+2,570(羽田空港国際旅客サービス施設使用料)

11,750円

帰り  20:45 台北(桃園) (MM1028)  01:00 東京(羽田)

料金

7,240(航空券)

+ 600(座席指定)

+1,760(台湾空港サービス料)

9,600円

合計すると飛行機関連の往復が21,350円でした。

ちなみに航空券の比較検討はスカイスキャナーを利用しました~

宿泊

個人旅行のため宿泊先も自分で手配しなければなりません。 宿泊先だけ予約するには色々なサイトがありますが旅行といえばお馴染みのHotels.com
で宿泊予約をしました。

今回は、「 洛碁大飯店 林森(グリーン ワールド イン リンセン)」に宿泊、駅からもそんなに遠くなさそうだし安い割に評判そこそこが決め手でした。洛碁大飯店は色々なところにあるためしっかり地名まで覚えておきましょう。

金額は約5000円です。

ちなみに予約するにあたり旅行サイトに掲載されている写真や評価だけではなく「4travel.jp」や「トリップアドバイザー」など口コミサイトでホテルへのアクセスや清潔度、評判をリサーチしました。

通信

ツアーではないので遊ぶため、観光するために移動するのも何をするのも全部自分たちでやらなければなりません。そして私は中国語もできなければ英語もできないので言葉も通じない(^_^;)

そんな時に役に立つのが通訳アプリやGoogle検索なのですがスマホで通信するためには国際ローミングか現地で利用できるモバイルWi-Fiを契約する必要があります。

国際ローミングは意外と高いし現地のプリペイドSIMを契約するとお安く通信環境を確保することができます。注意点は現地到着時間が早い場合はプリペイドSIMを販売しているカウンターが開いていないため購入することができません。

プリペイドSIMのカウンターの開店時間は10時です。

と記載されているブログが結構あったのですが空港サイトには・・・08:00~と書いてあるので現地で確認してみました。10時なのは入国前のカウンターで入国後のカウンターは10時前でもオープンしてました。

SIMフリーのスマホやルーターを持っていない人はWIFIをレンタルしていくのが良いです。ちなみに空港はフリーのWIFIがあります。

両替

両替は検索してみると解りますがとにかく現地で両替するのが1番レートが良いらしいです。桃園空港は銀行2社の両替場がありますが、到着便があるかぎり1社は必ず空いているようなので現地空港で両替することが可能となっています。

桃園空港ターミナル1の両替場は入国審査も終わり、税関を通過したところに有ります。

2日間の旅行にかかった費用は?

今回かかった費用は、飛行機21,350円+宿泊費5,000円+悠遊カード(チャージ分含め500元(約1800円)+空港から市内の往復250元(約900円)+プリペイドSIM(約1100)=30,150円

と食事やちょっとしたおみやげ、観光に15,000円位の合計45,000円くらいでした。航空券はLCCを利用してキャンペーン等に合わせることでもっと安く購入することもできるため2~3ヶ月に1度気分転換に遊びに行くなんてこともできますね~★

ピーチの搭乗記や台湾での観光地レポは随時追加していきます!


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。

台湾

Posted by とる


TOP