Androidで日本語入力「Wnn Keyboard Lab」のおさえておきたい2つの設定

Androidの日本語入力はみなさんなにを利用していますか?

Google日本語入力、ATOK、Wnn、Simejiなど色々な日本語変換エンジン(キーボード)がありますが、ガラケー時代に一世を風靡したオムロンが開発しているWnnをつかいはじめてみました。

オムロンって体温計や体重計でも有名ですがヘルスケア以外にもオートメーションやPOSソリューションと本当に多岐にわたる事業を展開している会社です。

Wnn(うんぬ)って何?

ワークステーション向けに1985年~1987年に開発された日本語入力システムです。名前をよく聞くようになったのはやはり携帯電話に組み込まれてからではないでしょうか、ATOK、Wnn、PBOXとか。

携帯電話では、三洋電機(鳥取三洋電機→三洋電機コンシューマエレクトロニクスを含む)、京セラ、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、シャープ(2010年以降発売の機種)、ソニー・モバイルコミュニケーションズ(POBoxとの組み合わせ)、米国モトローラ、韓サムスン電子の製品にWnnシリーズが組み込まれている。

特にNTTドコモのFOMA共通プラットフォームであるオペレータパック(OPP)には標準でiWnnが採用され、それまでATOKを採用していた富士通(現・富士通モバイルコミュニケーションズ)、ケータイShoinを採用していたシャープの機種でもiWnnが採用されるようになった。またソニー・エリクソンの機種では初期にはWnnの辞書部分のみを提供しており、その後基幹部分も含め搭載された。iWnnが搭載されるようになってからもPOBox Proの機能が優先となるためiWnnの機能に対応するのは比較的遅い。例えばワイルドカード予測に対応したのはiWnnの発表から約3年が経過した2011年に発売されたS006搭載のPOBox Pro 5.0Eからだった。

出典:Wikipedia

スマホ向けのWnnも公開されておりこれがGoogle日本語入力やATOKに負けず劣らず便利なんですわ。しかも無料!

入力タイプごとに入力方式の変更

かな入力の時はフリックで、英語入力のときはqwertキーボードで、数値入力のときは・・・と入力タイプごとにキーボードを設定して入力したほうが入力速度も早くなるし楽ですよね?

私はカナ入力はフリックを使いますが、英語入力はキーボードを使いたいタイプです。

2016年7月5日 92719 JST.png

2016年7月5日 92802 JST.png

2016年7月5日 92858 JST.png

2016年7月5日 93055 JST.png

2016年7月5日 93140 JST.png

キーボードのサイズを変更する方法

これができると本当に便利なんですよ。最近のスマホはサイズが大きいので片手操作、片手入力が非常に難しい。手がとどかない!

Google日本語入力は決まったサイズでサイズ寄せが可能です。

ATOKは自由なサイズに変更することが可能です。

Wnnも自由なサイズに変更することが可能です

これ本当に重要ですよ。キーボードを片手で入力できるのはマジめちゃくた大切です。毎回両手で入力していても良いのですが電車の中でちょっと使いたい時とか本当に便利です。手が大きな人には関係のない話かもしれませんが手の小さな私には大切な設定!

このカッコのような記号を押したまま動かすとサイズが変更されます。

2016年7月5日 93312 JST.png


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。


TOP