ファインダーを覗くと真っ暗!なんだこの事象は?原因はこれだった

image
どうも、こんにちわ。
最近撮影していると突然レンズが真っ暗になり撮影した写真が黒くなるという現象が発生しました。
これ原因は何かというとカメラ側の絞り駆動レバーが曲がってしまいレンズの絞りが一番暗い状態になってしまったのが原因でした。最初はレンズ側のCPUとか接点がおかしくなったのかと思ったのですがまさかボディー側の絞り駆動レバーが変形してるとは思いもよりませんでした。
絞り駆動レバーって何か?というと下の写真にある赤く囲っている部分にあるこのピンのようなものです。これがレンズの絞りレバーを操作しカメラで設定した絞り値で撮影ができるというものです。このあたりデジタルになってもアナログ機構なんですね。
image
こちらは正面から見た写真ですがこのレバーが曲がって少し下に下がってしまっていました。これが下がることによりレンズの絞りレバーが外れてしまい絞られてしまったから真っ暗になったわけですね。しかもその現象が起きたのはとあるレンズだけだったのです。とあるレンズは平気だけどとあるレンズでは起きるという不思議な現象だったのですね。
image
修理は、銀座にあるニコンサービスセンターにカメラとレンズを持ち込み確認してもらいました。
ココからはニコンユーザーにしか関係ないかもしれませんがニコンサービスセンターで受付を済ませ番号札を取り順番が来るまで待ちます。私は20分くらい待ちました。
順番が着たらサービスセンターの人に症状の説明を行いカメラを預けます。このあと現象の確認や原因調査のため40分くらい時間が必要になったのでちょっと銀座でお茶して戻ります。
原因が絞り駆動レバーの曲がりということがわかったら、サービスセンターの方が少し戻してみますか?戻すときに力を加えるため折れた場合は部品交換を伴う修理が必要ということを伝えられ同意を得られました。やらないで部品交換でもよかったのですがとりあえずお願いしたら見事にまっすぐに戻りました。この作業時間は15分ほどでした。
さすがニコンです。サービスもよいしすぐに対応してくれるし、こういうサービスがあるからニコンはやめられないですね。
ちなみにこのレバーが曲がる原因を聞いたのですが、単純にレンズ装着時などに力が加わることで曲がるそうです。ということは私の装着方法が悪かったということに…
以後まっすぐちゃんと装着するようにしたいと思います。
なにかカメラに関する不具合が出たときはニコンサービスセンターに持っていくとすぐに原因調べてくれて見積もりくれて場合によってはその場で対処してくれるかもしませんよ。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。

カメラ

Posted by とる


TOP