シンガポールで利用する電子マネー「Ez-Link」購入とチャージ方法

1月 25, 2017

IMG_20161022_095949

日本の交通系電子マネーSuicaやPASUMO、TOICA・ICOCAなど各地に色々と有りますが、国が変われば更に色々とあるわけで・・・

そう、シンガポールのMRT(地下鉄)で利用されている電子マネーは「EZ-Link」といいます。

EZ-LINKの購入は、空港のMRT改札近くにある窓口に行くと購入することができます。

英語ができない私ですが無事に購入することができました。

「Ez-Linkプリーズ」とか言うと、「チャージいくらする?」みたいなことを聞かれるので「$10」とか伝えれば購入することができます。会話は雰囲気で。

ちなみに、「シンガポール・ツーリスト・パス(Singapore Tourist Pass)」、「スタンダードチケット」というのもあるのでどれを利用するかはお好みで。地下鉄移動が少ない人はスタンダードが良いと思います。

移動はすべて地下鉄と足(歩く)というひとは、Ez-Linkカードを購入しておくと良いと思います。

チャージ方法

地下鉄は日本に比べるとめちゃくちゃ安いので、移動するにはめちゃくちゃ便利な交通手段なのですが、3日~4日位使っていると初回のチャージ分も含めて、残高がなくなってきてチャージする必要が出てきます。

①券売機のこのトレーみたいなところにカードを置きます。

ezlink

②切符を買うか、チャージするか選択できるので右側をタップ

ezlink

③右側の「Add Value」ボタンを押下します。左側に出ているのが残高

ezlink

④現金、カードの選択ができますがこれは好きな方で・・・

ezlink

⑤チャージは最低$10以上で$2、$5、$10、$50単位で追加ができます。

$10+財布に余っている小銭でOKです。

ezlink

電子マネーはどこに行っても本当に便利ですね。運賃表も見なくていいし日本の券売機でも難しいのに、海外で切符を買うのは至難の業です。

日本の電子マネー同様にデポジットとして5ドル払う必要がありますが何度か行くことがあれば次回、シンガポールへ訪問した際にも利用することができるのでとっても便利ですね。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。


TOP