年末年始とりあえずカメラの清掃もしましょうか。

1月 25, 2017

KENTAmapcamera_TP_V.jpg

新年ですね。今年も新しい気持ちで機材を使えるように年末年始の休暇中にカメラの清掃をしておきましょう。

ディズニーやカメラ好きな読者のみなさんは、1年間愛用している一眼レフカメラにはフル活躍してくれたのではと思います。

年末の家の大掃除と一緒にカメラのお手入れをしてあげるいい時期ですね。

お金のある人と時間のある人はニコンやキャノンといったメーカーのサービスセンターへ行きカメラやレンズのお掃除を依頼するのも良いと思います。

大切で愛着のあるカメラは自分で丁寧に掃除をしたいという人も多いと思います。

私のカメラは海沿いであるディズニーや海外での利用でちょっと塩っぽかったりしています。今回はカメラのお手入れについて書いてみたいと思います。

1.チリ・ホコリの吹き飛ばし

ブロアーでチリやホコリをとにかく飛ばしましょう。

ホコリを飛ばさないまま一生懸命拭いてしまうとレンズや本体が傷だらけになります。とにかくホコリを落としましょう。

レンズマウントを掃除するときはマウントを下向きにしそっと下からブロアーで空気を当ててあげるとホコリが下に落ちます。

2.固く絞った濡れ布での拭き掃除

固く絞った柔らかい濡れている布またはアルコールが付着している不繊維で掃除してあげましょう。ビシャビシャに濡れているもので掃除するとカビの原因になったり、デジカメは精密機械なので腐食したり、ネジのサビにつながることもあるので注意してください。

ポイントとなるのはしっかり絞った布またはアルコールが付いている不繊維です。私はアルコール付きので拭いています。これ楽なんだもん。

3.日陰風通しの良い場所で乾燥

先程濡れている布で拭き取りをしたと思いますがしっかり乾燥させないとカビやサビの原因になりますので、風通しの良い場所で乾燥させましょう。

冬は暖房で窓際は非常に湿りっけが多かったりするので窓際に放置はやめたほうが良いと思います。

最近は結構安く防湿庫も販売されているので購入してしまうのも手かと思います。というか今こんなに安く売ってるのね。1つ買おうかな。もう少し容量大きいの探してみよう。

いかがだったでしょうか?レンズにカビが生えたりすると写りにも影響が出ますし、オーバーホールもそれなりに高額となってしまいますので日々のメンテナンス(お手入れ)はしっかりやっておいた方が良いですよ。

 


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。

カメラ

Posted by とる


TOP