#NIKON ニコンからフラッグシップカメラD5の開発発表 #D5

ニコンユーザーは気になる話題ではないでしょうか。
ニコンのフラッグシップモデルD5の開発を発表しました。
かねてから噂はされておりD3⇒D3s⇒D4⇒D4s⇒D5という流れで命名されており想定通りの名前となりますが、今回はどんな機能追加や性能アップされるのかが気になります。
画素数上がるのかな?連射性能は上がるのかな?AFの性能も上がるよね?画像エンジン(EXPEED)も上がるよね?
なんて楽しい妄想をしておりますが、注目すべきは同時に開発の発表をされたワイヤレストランスミッター「WT-6」これはワイヤレスでカメラを操作できる機能+「画像転送可能」というところが気になります。
今は写真を取込むまたは無理やりWi-Fi化しないとモバイルで取り込んだりできなかったのでプロの用途としてモバイル取込は必要ないのかもしれませんがスタジオなどで撮影した写真をタブレットに取込んで確認したりするなんて用途もあるのかもしれません。
そしてもう1つスピードライトの最新機種「SB-5000」も気になります。
ガイドナンバーは大きくなるとは思いますが価格や性能など気になるところです。

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)は、次世代プロフェッショナルモデルとなる、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D5」の開発を進めています。
また、撮影した画像の転送などが可能なワイヤレストランスミッター「WT-6」およびニコンスピードライトの最上位モデル「SB-5000」もあわせて開発中です。
完成度をさらに高めた次世代プロフェッショナルモデル「ニコン D5」をはじめ、豊富なNIKKORレンズや先進的なアクセサリーなどを提供することにより、ニコンは映像表現の可能性をさらに追求してまいります。

諸元表や性能はまだ発表されていませんが年明けに実施されるCP+には出展されるかな。
何より一番気になるところはそのお値段・・・


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。


TOP