CP+ 2014 フォトアクセサリーアウトレットでお得に買い物できました!


どうも、こんにちわ。
週末に開催されていたCP+で今年は、フォトアクセサリーアウトレットというアクセサリーメーカーのアウトレットが開催されました。
写真はディズニーで撮ることが多く良く歩くため軽くて丈夫なカメラバッグを探してましていいの無いかなと思い見に行ったら思いのほか掘り出し物がたくさんありまして楽しいアウトレットでした。
閉場間際に行ったので表示価格よりもかなり安く手に入れることができました。カメラアクセサリーって小物でも意外と高かったりするので安く買えるのは嬉しいですね。

購入品その1、ブロアー

ブロアーってたぶん何個か所有してるのではないでしょうか?
自宅に大きめの、持ち歩きように少しコンパクトサイズのもの。
先日外出先でなのかいつの間にかカバンからブロアーがなくなっており欲しいなと思っていた時にちょっと面白いのを発見しました。
なんと自立するブロアー『ロケットブロアー』です。名前のまんまですが立てることができるので転がっていかないという優れものです。

アマゾンのレビューを見ると思ったよりも風力がと言っている人がいますが、大きさの割りにといえばそうかも。でも消して弱いわけではないので安心です。
ちなみにアウトレットではこのロケットブロアー+おまけのブロアーで1000円でした。

購入品その2、カメラバッグ

バッグ選びって難しいですよね‥
何を基準に選びますか?
私の場合は両手が空く、重さを分散できるリュックタイプ、底(奥の方に)に荷物があっても取り出しやすい構造で探していました。
あわよくば普段持っている荷物も入れられる大容量と思っています。
リュックタイプ意外には斜めかけやハードケース、トートタイプなどがありますが、重さが集中してしまったりディズニーではハードケースタイプの持ち込みは禁止されていたりして使えません。
バックインバックを今まで利用してたのですが、便利だけどリュックの底に入れてしまうとカメラやレンズが取り出しにくいと問題があり、やはり専用設計されているカメラバッグが良いなと思っていました。
しかし、何と言っても専用設計されておりしっかりしていて使いやすい、でも需要はカメラユーザーだけ、となると問題は値段です。
安くても1万円〜 高いと5万くらいなものまであります。普通のサラリーマンではとてもとても気軽に買える金額ではないのですがアウトレットで良いの見つけちゃいました。
容量は少し少なめなのでその他の荷物まではあまり入らないのですが、カメラボディ、レンズ×2本(標準、望遠)、スピードライト、ブロアー、レジャーシート、ポンチョ、ゴミ袋、モバイルバッテリー×3を収納することができます。
これだけ入って小型で扱いやすいカメラバックがなんと驚きの価格で販売されてました。
なんと5800円です。それがさらに◼︎◯◯◯円と閉場まえの大値引き(^_^;)

内寸(約) : 奥行140×横幅250×高さ220mm外寸(約) : 奥行170×横幅280×高さ430mm重量(約) : 800g収納目安 : デジタル一眼レフ本体1~2台+レンズ3~4本、ストロボ、アクセサリー類
実際に購入して中に物を入れてしょってみると、カバンは軽いし、レンズやボディは、上部と中央から取り出せるのでカバンの奥深くにしまったものも取り出し簡単、カバンの中はマジックテープが付くようになっており付属のパーティーションで区切れば荷物が動くこともありません。
このカバンは防水仕様にもなっているらしいので軽い雨程度であれば中まで濡れることはなさそうです。
カメラ持ってても撮影しないのでは勿体無いので是非カメラを抱えてこれからの季節桜や春の空気を撮影しに行きましょう。


ブログは、するぷろで書いてるよ!

するぷろ for iOS(ブログエディタ)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
販売元: Gachatech – isshin(サイズ: 1.6 MB)


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。

ブログ

Posted by とる


TOP