巻き取り式で充電とデータ転送を切替えれるUSBケーブルが超絶便利!


どうも、こんにちわ。
お出かけする時は予備も含めて充電ケーブルを2本持ち歩いています。
週末のお出かけ用かばんと平日のお仕事用カバン、車、家と全部で7本位のLightningケーブル(変換アダプタ含む)を持っているのですが、最近ケーブルタイプのものからUSB変換アダプタタイプの物へ随時買い替えています。

変換アダプタを使う理由

変換アダプタとは、MicroUSBからLightningへ変換する1センチ程度の小さなアダプタのことなのですが今まではlightningケーブルを持ち歩いていることが多かったのですがWimax、Pocket WiFi、モバイルバッテリーなどiPhone以外の機器はMicroUSB接続で充電する機器になります。
ケーブルをMicroUSBとLigtningケーブルをそれぞれ2本ずつ持つと合計4本となってしまいます。
しかし変換アダプタならMicorUSBケーブル2本、変換アダプタ2個で荷物を少しだけ減らすことができるのです。そして2本もつ理由は、iPhoneとMicroUSBで充電する機器を同時に充電するときは2本必要になる事と変換アダプタの故障やMicroUSBケーブルが故障した際にも2つあれば充電することができるので予備的な意味合いで2つ持ち歩いています。
ちなみにこの変換アダプタは純正品を日本で買うと1980円するのですがApple認証商品がAmazonで少し安く販売しているので充電目的だけであればこれもありかもしれません。

僕も1つはこれを使ってます。もう一つは純正です。

巻取り式スイッチ付きケーブルがめっちゃいい!


『PLANEX Xperia 充電&データ転送 MicroUSBケーブル ブラック (ACアダプタ/パソコン接続切替スイッチ付)』という商品なのですがXperiaと書いてありますがiPhoneでも使えます。
まだ購入したばかりなのでどんな環境で利用できて、どんな環境では利用できないのかなどの検証はできておりませんが、通常利用しているMacBookにこのケーブルを接続してLightning変換アダプタを接続してデータ転送へスイッチを入れたところiTunesやiPhotoでちゃんとiPhoneが認識されました。
そして充電モードで接続すると認識されませんでした(ディバイスが表示されなくなる)
巻取り式となっているため持ち歩きめちゃめちゃコンパクトで便利です。そしてなんといってもデータ転送と充電を切り替えられるスイッチこれがすごく良い。
会社のPCにスマホ接続禁止や漫画喫茶のPCなど内部的にアクセスされたくない、怪しい環境で使うときに充電しかできない充電モードで利用することでPCからは電源の供給以外されることが無いため不正にアクセスされることを防ぎます。これはiPhoneに限ったことではなくスマホ全般に言えることです。
とにかく電源だけがほしいという時は充電モードで利用する事ができる同期やスマホへPCからアクセスしたいときだけデータ転送モードで利用するといった使い分けができる点非常に優秀なケーブルだと思います。
昨今セキリティや個人情報など何かと大切な世の中になっているため外で利用する際にはこういった使い方ができるのは良いですね。
充電器に接続するだけで不正にアプリケーションをインストールする偽充電器というニュースが過去にもありましたが充電モードで充電すれば仮にこういった機器をに接続してしまったとしても安心です。

繋ぐだけでiPhoneに不正アプリを埋め込む「偽充電器」の実証機が登場。 – たのしいiPhone! AppBank

ケーブルは黒、白の2色用意されています。僕は写真に掲載した白を購入しました。変換アダプタもいPhoneも電源アダプタもすべて白で統一しています :-)


ブログは、するぷろで書いてるよ!

するぷろ for iOS(ブログエディタ)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
販売元: Gachatech – isshin(サイズ: 1.6 MB)


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。


TOP