ディズニー夏祭り直前写真撮る人必見、カメラを守る3つのポイント

5月 29, 2017


どうも、こんにちわ。
最近は梅雨入りしたこともあり雨がよく降ってますね。梅雨が終わるといよいよ夏ですが夏は、ビシャビシャになりながらディズニーの夏を楽しみたくないですか?
写真も撮りたいですよね?
夏ディズニーや遊びに行った時に使えるカメラを守る方法と終わった後のメンテナンスについて書きたいと思います。
昨年書いた記事はこちら

[D]夏ディズニーでカメラを守る防水対策!! | Dぶろ

あまり濡らさない!

当たり前といえば当たり前ですが、デジカメやスマホなどの電子機器は当然、水や極度の湿気に弱いでさよね。
なるべく濡らさないようにしましょう。
ショーが始まるくらいにレインカバーや防水ハウジングに入れてショー撮影すると良いでしょう。
ハウジングとかは温度差で曇ったりもするのでなるべく中の空気も常温にして、水がかかったら拭きながら撮影すると良いと思います。
ミラーレスとかならこの汎用品が良いかもしれません。しかしビニールなのでムレムレ注意です。

かれこれ3年ほど私が使用してるニコン純正です。カメラメーカーの純正だけあり使い勝手抜群、下部に隙間ができるので他の商品よりはムレないですよ。隙間から水が入らないように注意は必要です。

ちなみにこんな感じにレンズフィルターの撥水バージョンもあるので濡れてしまうレンズに装着しておくことをおすすめします。

あまり熱くさせない!


毎年毎年、レインカバーに入れてるのに壊れた。という声を耳にします。
利用方法が悪く、本当に水没してる人もたぶんいるとは思いますが、ちょっとくらい濡れても一眼レフって壊れないっすよ?
私はゲリラ豪雨とかで濡れたことは何度かあり夏イベントもカバーなしで撮影したことがありますが、直接かからない限り水しぶき程度なら壊れないことが多いと思います。
※試すなら自己責任でお願いします。(^_^;)
じゃなんで壊れるかって、答えは『熱』です。
暑さと湿度などによって液晶関連や電源ユニットが故障します。交換するには数万の出費…
そんなことにならないために2つの提案があります。

日向に放置や操作をしない

撮影した写真見たいのはわかりますが帰ってからまたは室内や日陰、風通しよ良い場所でやりましょう。
直射日光があたるなか一所懸命液晶に手を当てながら見てる人がいますがそんなあなたは、大切なカメラをいじめてますよ。
カバンの中や日陰に置く、操作は涼しいところ。ここポイントです。

レインカバーは直前

レインカバーはムレます。暑いです。
濡れたままの2回目のショーなんて湿度やばいです。
これも熱で壊れる原因となるのでレインカバーの装着は家でしっかり練習してショーが始まるくらいの時間から装着を始めても慣れれば1分、2分で装着できるでしょう。
何十分も前から装着して隙間にテープをペタペタ貼ってる人がいますがそれはやめましょう。多少の隙間くらいじゃそんなに水は入らないから平気だと思います。

とにかく乾燥!

ショーや遊びに行って水遊びの子供の撮影がおわったらタオルで拭きながらカバーを外して、乾拭きしたら、日陰の風通しの良い場所で乾燥させましょう。
家に帰ったらとりあえずどこかに放置しましょう。防湿庫に入れたり、カバンにしまったままはダメですよ。
防湿庫の湿度があっという間に上がってしまいます。カバンの中なら湿気が抜けません。
とりあえず乾かしましょう。
レンズやボディーにつく埃とかは後でお掃除してあげれば良いのでそのまま部屋の片隅で乾燥させることが大切です。
カメラ中心に書いてますがスマホとかも同じですよ。ケースに入れたり防水カバーに入れて使い終わったら日陰で乾燥、熱にも弱いですからね。
あと濡れたままの状態で充電するとショートして壊れることもありますので注意。
iPhone防水のオススメをリンクしておきます。ちなみに僕が使ってるのはlifeproofです。iPhone自体も防水加工してるけどね(^_^;)


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。


TOP