Nikonユーザーは知っておこうピクチャーコントロールで写真がガラリと変化する!


どうも、こんにちわ。
ニコンユーザーのみなさん、ピクチャーコントロールってしってますか?
写真のコントラストや微妙な色の違いを色々と勝手に変更してくれる便利機能なのですが使ってますか?

設定

カメラによって設定方法は違いますが多分液晶の左にあるボタンのどれかを押すとピクチャーコントロールの設定画面が現れます。
もしない場合はメニューから設定しましょう。
ちなみに自分の好みに設定できる選んだあとに十字キーの右を押すと細かい設定ができますよ。
この辺の使い方はマニュアル参照ですよ。
マニュアルはこのアプリを入れておくといつでも見れて便利ですよ!

Manual Viewer 2
カテゴリ: 写真/ビデオ, ブック

ビビットとニュートラルの違い

スタンダード、ニュートラル、ビビット、モノクロームなどいろいろありさらに設定変更できるので組み合わせ無限なのですが基本的なところでわかりやすくニュートラルとビビットの写真を比較してみたいと思います。
ビビット
まずは上の写真がビビットです。
コントラストもはっきりしていて発色もなんか綺麗に見えますね。
しかし全体的に色にグラデーションがなくなり、見たままの色かというとそうではないですね。
微妙な色の再現や見たまんまの色にこだわるならビビットの設定はやめましょう。補正したくても色情報が無くなって補正することはできない状態になってます。残念
ニュートラル
さて今度はニュートラルです。パッとしない感じですが、再現性はこっちのが高く見た目もこんな感じです。
最近、私はニュートラルで撮影するようにしてます。昔はスタンダードを使ってました。←デフォルトだから
ちなみにこの2枚の設定は以下です。
NIKON D600
Focal Length:
200mm (35mm eq.)
Aperture: f/3.2
Exposure: 1/50s
Ev: 9
ISO equiv: 200

まとま

どんな設定にするかは、その人の表現だったり好みによります。
ベストなのはニュートラルでRAWで保存することです。これならあとで補正することでどうにでもできます。
コントラストがより大きいのがビビット
色合いが派手なのがビビット
でもその分なんか綺麗に見える。
一方ニュートラルは、コントラストは抑えめ、色合いは再現性大、その分、地味に見える。
ディズニーでキャラクターとる人は、この辺りの設定でもだいぶ変わってくるから覚えておくと良いでしょう!

ビビットだともっと衣装の紫色が濃くなったり手すりの緑の色も違ってくると思います。キャノンのカメラだともっと濃い紫になっちゃいますが実際の色はこの色に近いと思う。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。


TOP