コンパクトフラッシュしか使えないカメラを無理やりWi-Fi化する方法!バッテリーの減りが早くなり通信速度は遅いです。


どうも、こんにちわ。
信頼性を求めるカメラは未だにSDではなくコンパクトフラッシュを採用してるカメラがあります。
SDは接点も外に出ていて向きだしだし、読み書きの速度も遅いのでコンパクトフラッシュが採用されるのはわかるのですが、それでもWi-Fi化したい!
撮影したらその場でスマホに取り込んでSNSに投稿したい!みんなに共有とかリアルタイムが大事でしょう。
で、さっきからSDとかコンパクトフラッシュとかいってますがSDは、Wi-Fi内蔵しているものが何種類かでてまして、Eye-FiとかFlashAirとかPQIAirとかが有名です。コンパクトフラッシュWi-Fi化対応とかそういうものが出てないのです。
他にもスマホをiPhoneからAndroidに変えてカメラと直接USB接続して取り込むなんて方法もありますが長年iPhoneを愛用してるので今更Androidに変えるのも何かとね。

コンパクトフラッシュでSDを使う方法があった

諦めてたところありましたよコンパクトフラッシュに変換するアダプターがありましたよ。
このアダプタはちょい問題があってTypeⅡというやつしかないやしくニコンのカメラはtypeⅠなので厚みが合わなくて入りません…
あきらめかけたそのとき改造して入れちゃってる勇者がいた!!これはやるしかないでしょ
変換アダプターはいくつかあるようですが私が実際に使ってて問題ないのはこちらです。

分解方法が書かれてますがこちらは自己責任でお願いします。私は先の細いピンセットを使ってて分解しました。
【人柱】D810でSD変換CFカードを使用してEye-Fiカードを使ってみた

FlashAir にした理由

いろいろな製品が出てる中、私が今回FlashAirに下理由について書きたいと思いますが、理由単純すぎて一言で終わりそうです。
ズバリ、iPhoneのアプリが使いやすそうだったから。
Eye-Fiは、すべての写真を自動的に転送してしまうらしい。(設定すればロックした写真だけを転送するモードもあるらしい。)しかし、順次転送だから今とった最新の写真を今取り込みたいなんてことは柔軟にはできなそうです。
FlashAirは、選択した写真だけを取り込める便利仕様です。しかし複数選択の場合に拡大表示して選べないのはっとい不便。サムネイルも小さいので1画面に表示できるサムネイル枚数を減らして大きく表示モードとあると便利なのになんて思いつつです。

転送速度は期待できない

JPEG(Lサイズ)で撮影すると1枚7MB〜程度のサイズになることが多いのですが、これを転送するのに6秒弱かかっています。
つまり1分間に10枚…だから100枚転送するには60分…そう考えすると結構転送に時間がかかりカメラのバッテリーも使うし読み込み速度もコンパクトフラッシュよりは遅いので、パソコン持っていくかiPadを使ってカメラコネクションキットのが速そうですね。
ちなみバッテリーフル充電で2時間弱1200枚撮影で150枚転送で残りメモリ1つになりました。(機材はNikon D4でAFとかVRはONです。)
電源を入れていればWi-Fiの電波も飛ばしてるようですが1番バッテリーを使ってるのは、液晶表示しながら転送してるからというところでしょうか。
一時間以上液晶つけたまま転送してたらそりゃバッテリーも使いますよね。
ブログとかオンライン用途にしか使わないならMサイズにしてサイズを小さくしつつのが良いかもしれません。

書き込み速度は気にならない

Wi-Fiの転送とメモリからの読み込み速度はいつもプレビューするときよりは遅いと感じておりますが、気になる連写などの書き込み速度は、カメラ側バッファーもあり気になることはありませんでした。
便利だから私はしばらく使いますよ!!


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。


TOP