究極のイヤフォンカスタムIEMをAAW A2H PROで作成したよ!(こりゃ最高だ)

前から音楽はポップ、レゲエ、クラブミュージック、そしておなじみのディズニーミュージックあたりをよく聞いております。

高級品ではないもののイヤフォンも複数所持、ヘッドフォンにノイズキャンセル製品などカメラのレンズ沼みたいにイヤフォン・ヘッドフォン沼にハマりつつありました。
そんな中遮音性に優れておりかつ(それなりに)良い音がする、そして市販の高級品を買うよりも安くオリジナルのイヤモニが作れる製品がAAW A2H PROだったのでオーダーしちゃいました。

カスタムIEMとは?

そもそもカスタムIEMなんて言葉聞いたことがないという人がほとんどかと思います。

そんな私も最近まで知りませんでした。

カスタムIEMとは、Custom In Ear Monitor (カスタム・イン・イヤー・モニター) の略でアーティストなんかが使っている俗に言うイヤモニと言うやつです。


耳型を取ってオリジナルサイズのイヤフォンと思っていただくとイメージしやすいと思います。


イヤーチップというイヤフォンにつけるシリコンやゴム製の部品があると思いますが、あれがなかなか合わなかったり、外れちゃったり、痛くなったりする人にはオスメスです。

ちなみに日本国内でも補聴器やさんを中心に数社製造メーカーがあります。大手だとSONYやONKYOも作ってます。

なかには自作してる人もいたり、ユニバーサルと呼ばれているイヤーチップを装着するオーダーメイドじゃない製品もあります。

有名なのがSHUREですね。買いやすいお値段

SHURE イヤホン SE215 Special Edition/カナル型 高遮音性/トランススルーセントブルー SE215SPE-A【国内正規品】

SHURE イヤホン SE215 Special Edition/カナル型 高遮音性/トランススルーセントブルー SE215SPE-A【国内正規品】

posted with amazlet at 17.03.11

SHURE (2012-11-28)
売り上げランキング: 461

AAW A2H PROを選んだ理由

カスタムIEMは、国内メーカーを始め世界中で製造されておりいろいろな種類があります。また内蔵するドライバなど細かな仕様の違いにより3万円〜30万円前後まで価格差も非常に大きいです。

今回購入の対象として考えていたのが、

  • AAW A1D 約30000円
  • AAW A2H PRO 約36000円

になります。

この2つに絞った理由は、ズバリ価格が安いからです。評価やレビュー、写真を見ていても価格が安い割にはきれいなシェル(イヤホンのボディの部分)だったのでAAWにしました。

あとは店頭で試聴してみてA2Hの方が良いなと感じたからです。聞いてみて直感ですね。店員さんいわくダイナミックドライバを1つ搭載しているA1Dのほうが1ドライバなので低音に強かったり音の繋がりがきれいだったりするそうです。A2Hはダイナミックドライバ×1個+BAドライバ×1個のハイブリッド型なので音は細かく聞こえるけど繋がりが少しA1Dに比べるときになる人は気になると言ってましたが、試聴では私はそこまでわからなかったです。
音楽は好きだけど、楽器や細かな音を聞き分けられる耳も知識も持ち合わせていないためそこまで音にはこだわりは無く、求めるのは遮音性含むフィット感とそれなりの音です。
飛行機に乗るときにノイズキャンセル製品を持ち歩いてるのですがバッテリーの充電がないとキャンセルされなかったり、ヘッドフォン製品だとめがねっ子と言うこともあり、数時間の利用で耳がいたかったりしており悩んでました。

でも、ノイズキャンセル製品の良さを知ってしまうとあの静かさは捨てがたいし‥そこで出た結論がカスタムIEMを作ることでした。
例えばBOSEのQuiteComfort20だとノイズキャンセル機能も素晴らしいし、イヤーチップも使いやすいのですがお値段3万円とカスタム製品とさほど変わらないんですよね。

Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones - Apple devices : ノイズキャンセリングイヤホン Apple製品対応リモコン・マイク付き ブラック QuietComfort20 IP BK【国内正規品】

Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones – Apple devices : ノイズキャンセリングイヤホン Apple製品対応リモコン・マイク付き ブラック QuietComfort20 IP BK【国内正規品】

posted with amazlet at 17.03.10

BOSE (2015-06-26)
売り上げランキング: 4,258


※A2H PROを注文しましたがもう少し待てばA2H PRO V2が発売されるかもしれません。詳しくはeイヤホンブログ

 

注文方法

お店で購入する場合の注文方法です。

ネット経由で直接発注する場合とは異なります。
お店で機種やメーカーを決めたら

①インブレッション(耳型)採取(5400円)

簡単な問診と同意書に記入して、シリコンの耳型を採取しました。機種やメーカーにより採取方法とかなんか少し違うみたいなので何にするのか聞かれます。
②カスタムIEMの注文

注文に関する説明を聞き(簡単な同意書、返品できないとかキャンセルできないとかリフィットは30日以内とか‥)同意したら、店員さんと話しながら色やロゴ、オプションについて決めていきます。

オプションによっては当然有料なものもあります。

eイヤホンでは実機やサンプル素材、画像など見ながら色々とアドバイスもしてもらえるので案外と簡単に決まりました。

AAWの場合、色は片側3箇所、ケーブルコネクタの位置?(フラットか奥に引っ込んでるやつか耐久性の違い)、ロゴの位置や色を決める必要があります。

あとは、お会計をしたら終わりです。

届くまで数ヶ月待つだけです。
eイヤホンのサイトによると納期4ヶ月だけど、店頭で記載した同意書的なのでは3ヶ月と記載あり

長いな、早く来ないかな。

(注文は2017 03 10)

カスタムまではいらないけど良い音で音楽を聞きたい人へおすすめのAAWから出ている世界最小イヤホンです。次はこれを買ってみよう。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。


TOP