Twitterとの上手な関わり方について考える。

Twitter
Photo:Twitter By Scott Beale

Twitterでよく意見を貰う

よく愚痴ってるのですが、「ディズニー好きなのに文句を言うな」とか、フォロワー減らせば「まずは1000人を目指せ」とか色々と、意見をいただき自分の使い方や考え方と違う考えの人が沢山いていい刺激になっています。
そんな中でTwitterとの関わりや自分にあった使い方を自分なりに考えて見ました。

世の中的なTwitterの使い方。

みんながどう使ってるのか考えて見ました。
結局結論は出ないのですが…
・Twitterはマーティングツールだ!
フォロワーを増やし拡散することでアクセスを稼ぐことができる。
・Twitterは情報収集ツールだ!
いろいろな情報を収集している。
・TwitterはSNSだ!
ソーシャルコミュニケーションツールとして活用している。
・フォロワーを増やしたい。
フォロワーを急激に増やしたのしんでいる人。
こんな使い方をしている人が多い気がする。これは僕がそんな気がしているだけである。

僕の使い方。

さて本題の僕の使い方だ!
・情報収集ツールだ
情報を収集するためにフォローしたりハッシュタグを利用している。
これは主にディズニー情報とニュースが多い。
・フォロワーは少なくてもお話できる人が多い方が良い。
数より質を重視する。そのために定期的に絡みがない人、片思いの人、人数稼ぎの人、自動投稿ばかりの人などは整理している。
・愚痴を言える場所。
吐き出す場所があまりないので気軽に愚痴やこう思うという思いを吐き出せる場所だ。
こらが僕にとっては重要である。
・コミュニケーションの手段
最近、お相手してくれるフォロワーさんがおり非常に楽しく活用している。会話率がかなり上がっている。
このような使い方がメインなので、フォロワー数は、それほど多くなくてもお相手してくれる人が多い方が嬉しいのである。
改めてTwitterをやっていて見んな色な思いがありツールの使い方も様々だなと実感した次第です。
そして使ってないFacebookをどうするか模索中なのである。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。


TOP