超簡単で最強のイヤホンケースを自作(DIY)してみたよ。

イヤホンを購入したのはブログでも書いていることなのですが、付属のハードケースがいまいち使いにくいので、簡単に、安全に保管する方法として、工具入などで有名なペリカンのケースを購入しました。  
このケースの特徴は何と言っても丈夫さと防水含む気密性だと思ってます。落としてもある程度の衝撃も吸収されるし、もし濡れても中身は安全です。気密性もあると思ってるのでシリカゲル(お菓子などにも入っている乾燥剤)と一緒に保管しておけば保管している間にイヤホンを乾燥させれるので一石二鳥と思ってます。
しかし、イヤホンを入れる専用ケースではないため、ケーブルの取扱や、ケーブルを挟まないように注意するなど気を使う部分が多くあったため、適当な発泡ストロールを使ってDIYしてみました。

▼いつも利用してるペリカンケース

▼百均で購入した発泡ストロールの筒。少し長いんだよな‥適当な長さにカッターで切ります。

▼切った発泡ストロールの筒をケースに入れてみました。少し太さがあったため細くなるようにカッターで少しずつ削ぎ落としました。あとはこれをグルーガン(ホットボンド)で固定しちゃいます。

▼実際にイヤホンを入れるとこんな感じになります。だいぶ収まりが良くなりましたね〜

AKGやオーディオテクニカからでているソフトケースでは、防水や気密性、丈夫さが少し心配。ハードケースはちょうどよいのが出ていないということで、発泡ストロールをグルーガンでケースに貼り付けただけ。わずか数分と数百円でできるDIYとなりますがかなり使い勝手が良くなりました。
カスタムIEMで無くともイヤホンやSDカードなどを保管したり持ち歩くのに便利サイズのペリカンケースはおすすめですよ
ケースはペリカンのハードケース。ちょっと大きいけど防水だし、丈夫だし、有名ですよね。

PELICAN ハードケース 1010 N 0.2L ブラック 1010-025-110

PELICAN ハードケース 1010 N 0.2L ブラック 1010-025-110

posted with amazlet at 17.05.06

ペリカン (2009-06-16)
売り上げランキング: 57,896

高儀 EARTH MAN 乾電池式 コードレスグルーガン GG-210CL

高儀 EARTH MAN 乾電池式 コードレスグルーガン GG-210CL

posted with amazlet at 17.05.06

高儀
売り上げランキング: 3,162


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。


TOP