りそなJALスマート口座のイベントでJALパックの「魅惑のヨーロッパ」を聞いてきてめちゃくちゃ行きたくなった。

8月 7, 2017

魅惑のヨーロッパ

りそな銀行のJALスマート口座というインターネット口座+JALマイレージバンク+VISAデビッドカードが1つになったカードがあります、その口座を持っている人向けの抽選イベントがあり、JALパックの魅惑のヨーロッパセミナーとJAL工場見学へ行ってきました。

魅惑のヨーロッパ

JALパックと言えば、高い、というイメージをもたれる人が多いと思います。

確かに格安な旅行会社がほかにもあり格安な旅行プランと比較すると高く感じます、でもJ○Bとかも結構お高いですよ。セミナー内容の前にJALパックのいいところ、悪いところを書いていきたいと思います。

良いところ

  • 飛行機はJAL便指定(機内食もそれなりにおいしいし座席も良いし機材メンテナンスも行き届いていて安心です)
  • ヨーロッパ旅行の国内移動がバスの場合に100kmを超える移動の際は必ずトイレ付バスを用意
  • 添乗員さんがWi-Fiルーターを持っているため自分で用意したりしなくても通信確保
  • ヨーロッパではないですが+数万円でビジネスクラスとか専用送迎車とかもある

悪いところ

  • ツアー開催日が他社の様に毎日開催ではなくある程度絞られているため日程調整が難しい。逆に言うと日付を絞ることで催行決定を早くできるようにしている。

ヨーロッパの魅力

ヨーロッパに限らずですが海外旅行の魅力は、異文化交流や非日常の体験、歴史や遺跡、綺麗な街並みを見るという事が多いと思います。(私の場合はディズニーとかスマホを買いに行くとかちょっと違った旅をしたりしますが・・・)

ヨーロッパはほぼ陸続きで昔から文化や歴史的交流が盛んなため、日本やアジアでは体験できない魅力が沢山あるようです。

世界遺産に至っては2016年現在で1052件登録されておりますが、上位7ヶ国のうち4か国がヨーロッパとかなり多くの世界遺産が登録されています。

2016年世界遺産登録数のランキング

  1. イタリア
  2. 中国
  3. スペイン
  4. フランス
  5. ドイツ
  6. インド
  7. メキシコ

参考:http://xn--5ck5a4gob177z170cgian33q.com

JALパック調べ楽しい街ベスト6

JALパックの添乗員さんやお客様アンケートなどにより人気のある楽しい街がセミナーでランキング形式で発表されていました。これがすべてではないと思いますが話を聞いていると非常に楽しそうで行きたくなります。(ヨーロッパ旅行はやっぱり高いよね・・・)

  1. フィレンツェ(イタリア) 有名ですよねミケランジェロ広場という場所から見る景色が絶景でザ・ヨーロッパという感じですよね。
  2. アルベロベッロ(イタリア)南イタリアのツアーに行くと含まれることが多いらしいです。南イタリアって気温がとっても熱く、白い壁や三角の屋根、狭い路地が特徴的で路地を狭くすることで影を作ったり白い壁で光を反射したり暑さをしのぐ工夫がされているようです。
  3. サンセバスチャン(スペイン)北スペインの待ちでバルめぐりがおすすめなようです。ピンチョスというパンがおすすめで食べ歩きが楽しいみたいです。
  4. ローテンブルグ(ドイツ)街道がたくさんあり5月、6月は花も沢山咲いており、散歩するのも良さそうですね。
  5. ドブロブニク(クロアチア)アドリア海に面しており、要塞の様に壁が立っており壁の上を歩いたりすることができるようです。ここにツアーで行くなら半日くらいは自由時間があるツアーがおすすめです。
  6. チェスキークロムロフ(チェコ)モルダウ川が有名です。秋ごろは紅葉などもあり景色が絶景、モルダウ川沿いに建っているお城は4月~10月に訪れることで入ることもできます。せっかく行くならお城の中も見たいので旅行時期の選択も重要ですね。

ツアー作りのポイント

セミナーを開催して頂いた添乗員さんの個人的な部分も含まれていると思います。個人ツアー、団体ツアーどちらでも共通して言える海外旅行する際のツアー選びのポイントです。

  • 旅の実力に合った内容・・・初めての旅ならツアーが良いし、自分で色々とまわりたい、回れる計画を立てられる人はフリープランや個人旅行など経験値に応じてツアーを選ぶと良い
  • 都市を周遊する場合は宿泊日数に注目・・・毎日移動のツアーだと毎日パッキングや1日に完工できる時間が移動時間などで制限されてしまうため各地で1泊あるツアーのほうがより楽しめる。
  • 個人旅行をするなら移動手段は確実に決めておくこと・・・個人で旅行をする場合は移動手段と宿泊先は決めておくとよい。何のチケットだったか聞きそびれたのですが、現地では買えない1日フリーパスのようなものも有るみたいで事前に計画して購入していくと良い
  • 行きたい場所がある場合はオプションではなくツアーに含まれているものが良い・・・オプショナルツアーの場合、返金規定が無かったり、目的地を観光する時間が少なかったりするが、ツアーに最初から含まれている場合は行きたい場所に行くのが目的になるので十分な観光時間が確保されていたりするので絶対に外せない場所がある場合はツアーに含まれてるのを選ぶのが良い
  • どこか1点を豪華にすると良い・・・せっかくの旅行ですし豪華なポイントは入れておきたいですよね。食事でも宿泊先でもなんでも良いが旅行の終わりのほうで入れておくと終わりよければすべてよしで楽しいツアーとして終わることができる。
  • ツアーを選ぶ際のホテルグレードに注意・・・旅行会社各社でホテルグレードの表現や含まれるホテルが違います。SクラスとかAクラスとか。ホテルはグレードで選ぶのではなくホテル名で比較すると良い。

安いツアーはそれなりの理由があり、日程が詰め込みであったり、お土産屋さん巡りに時間を取られてしまったり、人数が詰め込みであったりする。

また団体ツアーの場合は法律に基づくツアー規定があり、交通や何等かの事情がありツアーに含まれている場所に行けない場合、オーバーブッキングなど問題発生時の返金規定がしっかりしておりツアー会社が面倒を見てくれるが個人旅行(ツアー会社を通さない)ツアーの場合は、規定がないためすべて自分で対処する必要があるようです。

添乗員歴が長く、ツアーなども作成されてる方の言葉なので普段気づかないことも多く含まれており非常に参考になりました。アジアは個人旅行で良いと思ってますがヨーロッパなど簡単に行けない場所に行くときは少し高くてもツアーを選んだほうがよさそうですね。

豆知識

まずは旅行に持っていく必需品として今は持って行く人がほとんどかと思いますが、コンセントの変換アダプタです。国によりコンセントの形や電圧が違います。変換アダプタはコンセントの形を変更するためのアダプタです。

電圧は、ACアダプタなどを持っている場合は、100-240とか記載があるかと思います。100Vだけに対応している電化製品を持っていく場合は、変換アダプタ+変圧器が必要になるので注意が必要です。

ワインなど飲み物をパッキングする際は、タオルやTシャツにくるみ、スーツケースの端のほうにしまうほうが良いそうです。ケースの真ん中に格納すると真ん中は潰れやすく飛行機に積む際に下のほうになった場合、上にどんどんスーツケースを乗せられてしまうためかなりの重さ(圧力)がかかり割れてしまうことがあるそうです。

りそな銀行JALスマート口座

スマート口座については冒頭に記載のとおりJALと提携したりそな銀行の銀行口座を開設するだけでVISAデビットカード付きのキャッシュカードが発行され、利用するだけでどんどんマイルがたまります。

また私からの紹介コードを入力いただくともれなく750マイルたまるキャンペーンも開催されているため口座開設に興味のある人はお問い合わせいただければと思います。

魅力的なのはここからです年間3,000円のオプションサービスに申し込むと

  • 年間ショッピング利用額に応じたボーナスマイル
  • JALおもてなし空間が利用できる(~2017年12月末までに申し込みの方限定)(羽田国内線)
  • 海外JALパック5%OFF、海外JALパックスペシャル3%OFF、
  • 国内JALパック5%OFF

旅行って結構な金額なので、5%OFFなだけで年会費の3000円は元がとれそうですね。10万円のツアーなら5千円OFFになります。
地味に旅行予算を圧迫する燃油込というのは嬉しですね。

イベントではお昼の空弁やビンゴ大会もありました。JALのモデルプレーン欲しかったです(笑)

魅惑のヨーロッパ

りそな銀行からJALのメンテナンスセンターまではバス移動でしたが、最後はりそな銀行のゆるきゃら「りそにゃん」がお見送りしてくれました。

海外ディズニーへ遊びに行くときのツアー選びにもこの知識は役に立ちそうですね。何社かの旅行会社で働いた経験のある添乗員さんのお話だったのでJALパックの良いところも悪いところも知っておりためになりました。

JAL工場見学の記事は別記事で記載しますのでそっちも見てください!

りそなJALスマート口座のイベントで『JAL工場見学』に行ってきた!!近い、近い、近すぎる!!


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。

ブログ

Posted by とる


TOP