ここを見逃すな!レンタルサーバを借りるとき意外と重要なポイント

LIG_meganekiri500 ぱくたそからいつもお借りしています。この場をかりてお礼申し上げます。どうも、こんにちわ
ブログ構築するためにはレンタルサーバやら色々と借りると思います。
そこで今回、レンタルサーバを借りる想定でこう言う所に注目すると良いよというポイントをここでお披露目したいと思います。

����活�happy�����������

データ転送量に注意せよ!

データ転送量とはレンタル会社によって様々な理由だと思います僕が考える制限をかける理由は概ね下記の様な理由ではないでしょうか。

  1. データいっぱい転送する。
  2. ディスクにいっぱい読み書きする。
  3. 一人の人が回線沢山使っちゃう。
  4. 他の人が遅くなる。

代表的なレンタルサーバの転送量制限
ロリポップ

データ転送量の制限はありますか?
各プランごとの1日のデータ転送量の制限は、以下の通りです。
コロリポプラン: 1GBまで
ロリポプラン: 5GBまで
チカッパプラン: 10GBまで
上記を超えるデータ転送は禁止しております。
via:http://lolipop.jp/support/faq/kiyaku/000079/

さくらインターネット

さくらインターネット
ライト: 40GB/日
スタンダード: 80GB/日
プレミアム: 120GB/日
ビジネス: 160GB/日
ビジネスプロ: 200GB/日
via:http://support.sakura.ad.jp/manual/rs/tech_server.html

ちなみにVPSの場合はあまりにも使いすぎている場合は規制される会社もあるようが通常は10Mbps保証や100Mbps共有の回線が確保されています。
会社やプランによっては、転送量を超えると停止させられたり追加料金が発生することがあります。
ちなみにこのブログのトップページは記事を書いている時点では「179kb」でした。
これは画像を含まない容量です。なので多分500kb位は1ページが行くとして計算すると1GB=1024MBよって2000PV弱で1GB使ってしまいます。
+自分が記事を書くのに接続したりUploadするのも全て転送量にカウントされていると思います。
意外と見落としがちですが大事な項目です!
外部に画像をおいたりCDNサービス(キャッシュサーバみたいなやつ)を利用して転送量や転送速度改善を図っているのですがそれでも1500PVで650MB位の転送量になっています。


こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。


TOP