TechNetのWindows Sysinternalsツールがめっちゃ便利

Windowsで経験したことのないような障害やシステム状況を確認するためのにTechNetではWindowsSysinternalsとしていろいろなユーティリティを提供しています。
アクセス権やセキュリティの問題、勝手に起動する自動起動プログラムを確認するツールやネットワーク系を調査するためのツール、メモリの中身をグラフィカルに表示するツールなど様々なツールがあります。
これは開発者を始めSEなら知っておいて損はないツールだと思うのでひと通りチェックしてみましょう。

ユーティリティ インデックス | Windows Sysinternals

個人的におすすめのTNツール

以下ツールたちが個人的にはお勧めです。
トラブル対応時やシステムが不安定なときの調査に役立つと思います。

  • DiskView
  • グラフィカルなディスク セクター ユーティリティです。

  • MoveFile
  • 次回の再起動時に move コマンドや delete コマンドを実行するようにスケジュールできます。厄介な使用中のマルウェア ファイルを消去するのにも役立ちます。

  • Process Monitor
  • ファイル システム、レジストリ、プロセス、スレッド、および DLL の活動をリアルタイムで監視します。

  • ShareEnum
  • ネットワーク上のファイル共有をスキャンし、セキュリティ ホールをふさぐためにこうしたファイル共有のセキュリティ設定を表示します。

  • TCPView
  • アクティブなソケットを表示するコマンド ライン ビューアーです。

  • Autoruns
  • システムの起動時やユーザーのログイン時に自動的に起動するように構成されているプログラムを確認できます。また、アプリケーションで自動起動の設定を構成できるレジストリとファイルの場所の完全な一覧を確認することもできます。


    こんな記事のリクエストからディズニーランドに一緒に遊びに行きませんか?というお誘い、写真を一緒に撮りに行きましょうというお誘い、誤字・脱字をはじめ全てのお問い合わせは、こちらへお願いします。
    定期的な購読はRSSにご登録お願いします。
    掲載している写真の個人的利用、保存はOKですが、複製、再利用、営利目的の利用は禁止です。

    技術情報

    Posted by とる


    TOP